news        about    philosophy      works     légumes        shop         blog         contact      
Text Size : A A A


工事に先立って、店舗で使用する家具の再塗装を行いました。
この棚がいっぱいついた机は、都内某小学校の理科室で使用されていました。
30年以上経過していますが汚れがあっても傷みはほとんどなく頑丈です。
この机は、パンを対面販売するためのメインのカウンターとなります。
理科室の机が、一体どのようにお店の顔となるカウンターに生まれかわるのか、楽しみです。
Img_f5722e8b873148f0fa1b5283a5900549
Img_2f9e3d67019e26571dba86d96dfa6e17


まずは、剥離材を塗って、長年の汚れと塗装を落としていきます。
剥離材を塗ると、どろりと真っ黒な液体がしたたります。
それをこそげとっていくと、だんだん元の木材の色が見えてきました。
Img_4efe4fcbef67b8df8cffd0fb742a8b01
Img_ff10dfe9b034d0ff0982875d17631e1b


汚れを落としたら、表面にサンドペーパーをかけていきます。
目が粗いものから、だんだん目の細かいものへ。
機械では研磨できないところは手で地道にやります。
みんな、黙々とシャカシャカシャカ・・・
とにかくスベスベになるまで・・・
Img_8d6795ebcb07bb658eb98453ab17b5bf
Img_dec5132cbe8b99d2f549768a8e932cb9


日もとっぷり暮れてしまいました。
みんなのシャカシャカのおかげで頬擦りしたくなるような仕上りになりました!
まだ塗装とワックス掛けはしていませんが、十分魅力的な表情です。

夜は、お施主さんも合流し、みんなでクリスマス・イブイブパーティー。
冷えた体にアツアツのフォンデュがありがたかった!
有志で作業手伝ってくださった皆様ありがとうございました!
Img_d007de4a1bda2759d306e6c4bf689418
Img_108cb108ad933c8f4d5e12a8728fbc0f


前日にサンダー掛けまで済ませたカウンター。
お施主さんも、このままの表情が気に入ったようなので
この後、着色する予定だったのですがやめることにしました。

化粧していない顔を美しいと感じるかどうかは、その人の感性です。
お施主さんの作るパンは、おいしいだけでなく、
なにかこうひたむきで飾らない美しさがあります。
子供達の学校生活を支え、ボロボロになるまで使い込まれた学校の
家具にも、ひたむきで飾らない美しさを感じます。
Img_0e475c9fa7603a92972e27dd662fc0e3
Img_0a38b2625e5359e940cf6ef69ccdec1e


ということで、ワックスでさらっと仕上げて終わりにすることになりました。
この日はお施主さんもお休みだったため、一緒に仕上げていただきました。
Img_ee5eb79d2256caea98ac6d2719b77ef3
Img_5057f527509d5130e1b6dec97c1a9aac


ワックス掛け完了!

あとは、職人さんに天板を取り替えてもらって完成です。
天板になる材料は、都内某中学校のフローリング材です。

一体どのような仕上りになるか楽しみです!
Img_86a30567205296eb2d53088015fadeee
Img_5d3eaa348acab792399b9b960439fd5c