news        about    philosophy      works     légumes        shop         blog         contact      
Text Size : A A A


家型のwashi furnitureがついに完成しました。
我が家の本棚になるのですが、10月4日〜12日まで西荻窪に
あるギャラリー 「みずのそら」 に展示されています。

washi furnitureに和紙を貼ってもらっているハタノワタルさんと
金属でアクセサリーなどを製作される小原聖子さんの展覧会です。

お二人の作品の中に、washi furnitureがいい具合に溶け込んでいます。

Img_8906666a2a30440491e968f51624e79c


扉を閉じていると、静かな佇まいですが
扉を開けると・・・

ハタノさんの作品がたっぷり入っています。
Img_6067d40b8320385a773f59e294268ea8
Img_4a83ae740bad98d2f28f3cbb41ecb9ca
Img_ec486e18a4a11b9517a51392dd64e08b


お家の中には、ハタノさんの和紙張りボックスがびっしり。

一番上の段を「屋根裏部屋」と呼んでますが、小さい箱が
ひしめきあっていて、かわいいですね。

扉の枠にも展示。
Img_30d51ce8b218f4c258aa0d42451735e2
Img_1c3b7215c9ab0b8e4e3dfe5bc4d393c0
Img_f5787db74279415c037b75b650b22005


和紙の表情は、画像や言葉でお伝えるするのは難しいです。
その微妙な色合い、テクスチャーは実際に見ていただかない
と和紙独特の良さは伝わりません。

色は、薄いグレーに淡い黄色が見え隠れするのですが光の加減
によって見え方は変わるので表現しようがありません。

イメージで表現するならば「明るい森」です。
今回は具体的な色を伝えるのではなく、上記のテーマでハタノ
さんに和紙を仕上げてもらいました。

この質感、ぜひ展覧会で見てください!
会場で受注販売もいたしております。
または こちらのホームページ でもお受けいたします。
Img_025efd082ba4eb03791a433f122de884
Img_8344949633153dca2806fbca34214487
Img_9dc6d72ffafa2b92437cfbfa404e2816

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
コメントする